LINEで送る

2013年08月20日

ゴールデンビーチるもいへ行ってきました!

8月に入り、家族でゴールデンビーチるもいグッド(上向き矢印)はじめての留萌!

ゴールデンビーチるもいでは、貸しテントを借りての1泊。思い出深いキャンプとなりました。
まずは、貸しテントは1泊3000円なり。8人用の大きなテントです。

三角でインディアンをイメージさせるような貸しテントは固定されおり、移動できません。ある程度この範囲でお過ごし下さい的なフェンスもあります。また、食事に便利なテーブルと椅子、ベッドが2つついていました。

キャンプの準備にタープを立てました。子供たちは元気に海に入っていきましたwしかし、小学校低学年くらいのお子様だと心配なくらい海は深いです。手をのばせばすぐに「この先進入危険」の浮きが浮かんでます。
身長160cmの私でも10ほど歩けば足が海底につかなくなるほどです。風も強く波も高いので小さいお子さんには不向きかもしれませんね〜 しかし、海は断然キレイぴかぴか(新しい)でした! 石狩の海とは違い、澄んだ海水に魚が泳ぐすがたをみる事ができます。また、小さなカニもいるので面白い(笑)砂浜は大粒の砂です。正直サンダルに混入してくると足の裏は痛いですよ〜

気になる炊事場には足洗いようの場所もあります。トイレもキレイですし、トイレットペーパーも朝足されるようなのでそんなに心配ないかも?一応、夕方くらいまでは管理人やスタッフの人もいます。

コストコで購入したお肉をしこたま食べまして夜。事件です。駐車場はかなりの数をとめれる広さですがそこにどどーっと車が押し寄せました。出てきたのはおっさん集団です。驚きましたが、海辺のパトロールなんですね〜 懐中電灯片手に挨拶されましたよ!こういうのがあるとちょっと安心できます。

そしてまた事件!おっちゃんパトロールがいなくなって30分。 元気そうな若者の車が集結!ギャルはうるさい!メンズはロケット花火!!隣のテントの若者も深夜2時まで歌うし、騒ぐし、奇声を発するし!!貸しテントと言う事で、移動もできず眠れぬ夜を過ごしました。

翌朝は8時半頃から、ゴールデンビーチるもいのスタッフの人が「荒○さんがつかまえた」とか「自転車のってけ!」とか「駐車料金いただきます(子芝居風)」をおばちゃんの井戸端会議風におっさんが集まって賑やかに話し出し・・・・。 お金払って眠れぬ夜を過ごしましたが、星空はめっちゃ綺麗でしたww

正直、もうゴールデンビーチるもいに行くことはないと思います(笑)ですが、海は綺麗だしなんといっても夕日は格別!この夕日が一番の記念になりました。とってもステキなので、カップルでぜひ見に行ってください。

rumoi.png

今回、留萌駅近くのお店でツブとナマコを購入して食べました。名前を調べたら「留萌駅前自由市場内長田鮮魚店」さんです。すごくツブはたっぷり入って¥600円。キャンプ帰りにも立ち寄りまた購入して車の中でわさび醤油で食べるほどの美味しさでした!なんて贅沢なんでしょ(笑)

また、機会があったらあのツブには出会いたい!!

留萌駅近くでオススメの宿はコチラです。



つぶ.JPGつぶ

写真2.JPGなまこ


posted by あんり’ at 16:15| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の海水浴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
LINEで送る


日本のゲーム機
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。